上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは。初めまして^^
「いよいよ」登場の研究統括、岡崎有香です。
関東圏内の方は一度はお会いしていると思います。

さあ、みなさん、ついに締切り日が明日となりました。
http://www.jmun.org/ajmun/07/application.html
ぜひ今すぐこの㌻へGO☆
明日の24時過ぎ、私たちに嬉しい悲鳴をあげさせてくださいね。


副事務総長や事務総長補佐も書いていましたが、
今、運営事務局やディレクターはみなさんに大会前にお配りする
BG(議題概説書)の完成・印刷時期なのです。
今日は、この「BGができるまでというお話をしたいと思います。

今年1月に10人の運営事務局員が結集し、
5月にはディレクター、議題やフロントメンバーなどが決定し、
大会構想というものが徐々に出来上がってきました。
そして、6月に入ると、ディレクターはBGの構成をつくり、
BGスタッフというBG執筆のお手伝いさんを募集しました。
議題に興味があったり、全日に深く関わりたい人、
論文やBGをきちんと書いてみたかった人、老メン(模擬国連3年目)
旧メン(2年目)新メン(1年目)から、一会議平均8人ほどと、
とても多くのBGスタッフが集まってくれました。
ディレクターも運営事務局もとても嬉しかったです。

夏休みにはいると、
BGスタッフやディレクターたちは書籍や論文を読み漁り、執筆にはいります。
スタッフは執筆・提出・チェック・再執筆を幾度となく繰り返し、
本当に大変だったと思います。
でもみんな迷いながら、へとへとになりながらも
一生懸命にがんばってくれました。
ディレクターたちも、スタッフの修正や原稿執筆と怒涛の日々をすごし、
全力でBGを書き上げてくれました!!!
10月に入ると、
ディレクターが書き上げたBG原稿を研究統括や運営事務局員の手で
校正チェックします。ざっと、1000ページ近いですw
「参加してくださる皆様にお配りして大丈夫か」という点に気をつけ、
隅から隅まで多重にチェックを加えます。
そして、とうとう印刷!ということになるのです。

このBG作成作業に関わってくれた人は総勢50人弱です。
(ディレクター、BGスタッフ、フロント、事務局員)
また、メンバーを支えてくださりアドバイスを下さった先輩方もいます。
大勢の人の手に支えられて、全日BGは完成するのです。
私たち50人がここまでやり遂げられたのは、
みなの心の中に
全日本大会会議に参加してくだる方に最高のものを」
という熱い愛のこもった気持ちがあったからだと思います。
ぜひ、大会に参加しBGを手にして、
その50人の半年間の思いを受け取ってください!!


また、この大きな作業は誰一人といてかけてはならない作業でした。
それぞれ悩むことも多くありましたが、
お互いが支えとなって乗り越えましたよね。
人と人と人が力をあわせることによって達成することができました。
みなありがとうございます。
そして、人と人の協力・掛け合いによって達成するものといえば、
模擬国連会議もそうです。
大会参加者全員が本気になって力を発揮すれば、
どんな化学変化が生まれるのでしょうか?
今からとても楽しみです!
ぜひ多くの皆様の参加をお待ちしています。


では、記念すべき明日締切り日の投稿は、
わが事務局の仕事人、総務さんにお願いします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。