上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは。
早いもので、もう6月ですね。
あちこちで紫陽花がきれいに咲いているのをみつけるたび、
もうすぐ梅雨の時期だと実感しています。

さて、今回は、
大会テーマにこめられた意味について
詳しくお伝えするとともに、
設定される会議の議題と会議監督が決定いたしましたので
そちらの紹介をお送りいたします。

まず、大会テーマ、「約束を果たすとき」についてです。

この大会テーマを目にしたとき、
みなさんにはぜひとも、「約束」とはなんだろう、と
立ち止まって考えてもらいたい、とおもいます。

国際社会は、何か行動を起こそうとするとき
たくさんの「約束」を結んできました。
ミレニアム開発目標や核不拡散条約、ひいては国連憲章そのものも、
現状や過去を見つめ、悲劇が繰り返されないように、
そして未来がより輝かしいものであるように、という願いのもと
結ばれた「約束」のひとつです。

では、こうした約束たちは
現在「果たされている」と言えるのでしょうか。
また、
「約束」を果たすための努力は十分になされてきたでしょうか。

そして、
「約束」が意味を持つのは、国際社会レベルだけではありません。
国家、地域、市民社会、さらには個人レベルでも
その歩んできた道のりの中で、
何かを達成しようとするときにはそのための目標、
すなわち「約束」を定めています。

この「約束」を思い起こすとき
それぞれが歩んできた軌跡・轍を見つめ、
目指したもの、望んだものの本質は何であったのか、ということを
ひとりの大使として、個人として、
あるいは国際社会の構成員として、
もう一度しっかりと考え、見つめなおしてもらえたら。

そんな願いが、この大会テーマにはこめられています。

また、「約束」とは
一人で結ぶことができるものではなく、
必ず「約束」する相手が必要なものです。
そのようなことから、
みなさんには、他者を理解しようとし、
対立やちがいをこえて本来の目的に立ち返り、
「約束を果たす」ことに向かっていただきたいとおもいます。

大会まで、あと6ヶ月と少し。
まだまだ気が早いかもしれませんが
日々をすごす中で
自分の「約束」について振り返ってみるのもいいかもしれません。


長くなってしまいましたが、
つづいて設定会議の紹介をいたします!!

今年の全日では、以下の5会議を開催します。

安全保障理事会
議題:国際の平和と安全の維持
会議監督:小林鉄平
     (四ッ谷研究会神メン)

国連総会本会議
議題:中東情勢
会議監督:石山剛
(早稲田研究会老メン)

国連総会第2委員会
議題:エネルギー安全保障、特に持続可能な発展のための原油及び他資源の開発
会議監督:亀崎雄一郎
     (日吉研究会老メン)

国連総会第6委員会
議題:国際犯罪の規制と死刑制度
会議監督:中村長史
     (早稲田研究会旧メン)

第29回国連特別総会
議題:ミレニアム開発目標達成に向けた効果的手段としてのジェンダー平等および女性のエンパワーメントの促進
会議監督:森下美里
     (日吉研究会老メン)


以上です!
どれも興味深い会議になることまちがいなし、です☆

ここでみなさんにお知らせです。
会議監督の決定をうけてBGスタッフを募集しています!!

全日の会議にがっつりかかわりたい!
夏休みを充実させたい!というみなさん、
ぜひBGスタッフを経験してみてください!

詳細は、各会議監督または研究統括の岡崎有香まで
お気軽にお問い合わせください!

このブログから問い合わせる際は、
左側のメールフォームをご利用ください☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。